FC2ブログ

浅間山麓徒然日記4

北に名峰浅間山、南に八ヶ岳を望む長野県佐久市(軽井沢の西隣)から、はたまた東京砂漠の片隅から、皆さんどうもこんにちは。

出現!ハッピーヱビス


ご覧いただきたい。白パッケージのシルクヱビスの恵比寿様は鯛を一尾。
通常のゴールドのヱビスビールは背中にもう一尾持っている。これぞ幻の

ハッピーヱビス(と、ずっと思い込んでいたんだが、この缶の裏側には「ラッキーヱビス」と記されていた。ここではハッピーで通させて欲しい。)

だ。


以前、外資ファンドの買収にさらされた時

ハッピーヱビスを小出しにして、有るかわからない希少性より、具体的な消費者の「喜び」に訴えかけて、業界4位からの浮上に使え!

と日記に書いたような気もしたが、それはあくまで瓶ビールのラベルに100本に1本くらいかなと思っていたが、まさか缶ビールにして、しかもコンビニの正札も「商売繁盛ヱビスビール 249円」とはね。

根城でテレビを見ていたら、百貨店のお歳暮商戦が今日から始まったとのことだった。なるほど、そういうことね。意地でもサントリープレミアムモルツに勝ちたい訳だ。
勝ったら勝ったで来年も出馬せざるをえないし、負けたら負けたで淡い都市伝説が露と消えるし、どっちにしても

ハッピーヱビスの伝説は風前の灯

ということらしい。

そこらにゴロゴロあるハッピーヱビスなんて...ねぇ。
  1. 2010/10/13(水) 08:29:17|
  2. 深い意味は...ないです。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0