浅間山麓徒然日記4

北に名峰浅間山、南に八ヶ岳を望む長野県佐久市(軽井沢の西隣)から、はたまた東京砂漠の片隅から、皆さんどうもこんにちは。

新しい眺め

今日の長野佐久地方は薄曇ですが、土曜日はピーカンの真っ青な空でした。
DVC20100130-1.jpg

工事中の長野牧場ふれあい広場正門の元横断歩道を越えて山羊の放牧地南側に回りこみ
DVC20100130-1 (2) DVC20100130-1 (3)

八ヶ岳を拝みながら柵に沿って歩いていくと
DVC20100130-1 (4) DVC20100130-1 (6)

冬の基本的な過ごし方は牧舎にへばりつき風を避けながら日向ぼっこ(期待する体感温度まであがるかどうかはわからんが)と、お定まりの彼らにやる餌が見たところ現地調達できそうにない。
DVC20100130-1 (7) DVC20100130-1 (8)

いつもは山羊の放牧地の南東の角で浅間山側に折れるのだが、この日はなんと散歩を楽しむご老人が3人もその先に続く牧草地の縁からトラクターの通り道を堂々と歩いているじゃないか。
DVC20100130-1 (13) DVC20100130-1 (15)

え、いいの??

今までトラクター走行の地面とはいえ牧草地なので足を踏み入れることがなかったんだけど、地元の人がやるんならねぇ~。行きましょう、行きましょう。

牧草地の縁まできたところ。ここから縁に沿って南下します。
DVC20100130-1 (16) DVC20100130-1 (17)

長野牧場の東側は崖なんですね。これは浅間山の噴石の堆積による地層の違いによってできたものと言われています。
噴火しちゃうとここまで影響がでる可能性があるわけですね。でも地震保険は高いからウチは入らないけど。
DVC20100130-1 (21) DVC20100130-1 (22)

ここからKUNIE家の蛍狩りスポットが見下ろせました。佐久リサーチパークの北側を降りた所の橋の上からよく見ます。詳しい場所を知りたい方はコメントにてお問い合わせを。
DVC20100130-1 (28)

ふ~ん、場所を変えると結構違って見えるもんだねぇ。
DVC20100130-1 (30) DVC20100130-1 (31)

南東の放牧地の中央あたりにあったトラクターが通る地面が放牧地を取り巻く道路とぶつかるところには、あの崖へいくんだろう小路が伸びていた。新発見。
DVC20100130-1 (33) DVC20100130-1 (34)

浅間山も離れて見ると違いますね。
DVC20100130-1 (5) DVC20100130-1 (35)

浅間山を堪能できたので、いつもの道に戻って帰りました。
DVC20100130-1 (37) DVC20100130-1 (38)
  1. 2010/01/31(日) 16:01:47|
  2. 長野牧場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

I am Winner!!

DVC20100130 (1) DVC20100130.jpg
お~ほっほっほっほ!
  1. 2010/01/30(土) 13:12:32|
  2. 暮らしの知恵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お題頂戴 冬のソナタより 忘れえぬ恋

これは第4話の題名。
この題名にピンときたのは

はかない恋 〉 忘れえぬ恋

の公式が当然に成立するかなと思ったからだ。


フジテレビ系人気ドラマ「ガリレオ」で、柴咲コウ演じる女刑事から、世の中に解明できないものとして



を挙げられた福山雅治演じる物理学の湯川准教授が、

確かに 底辺 × 高さ ÷ 2 = 愛 なんて公式は存在しない

などと(ドラマと正確なコメントでないかもしれないのはご容赦いただきたい。)いうニュアンスの台詞を吐いていたのを思い出して

ならば、はかない恋 の中の一部(or稀に全部だとしても)が 忘れえぬ恋 で、決して 忘れえぬ恋 が はかない恋 を上回ることはないとは思ってみたのだが...。

よく考えたら、実らぬ(結婚に至らなかった)恋 = はかない恋 という前提の元にこのことは成立していたことに気が付いたのです。


ドラマではペ・ヨンジュン演じる高校生のチュンサンが数回のデートだけで交通事故により同級生のチェ・ジウ演じるユジンの前からから突然消えるから

はかない恋

で正解な訳であり、10年後のユジンにとってチュンサンは今だ心の奥底に仕舞われた大切な存在であれば

忘れえぬ恋

であることも間違いではない。


しかし、この出だしでブログを打ち進めていくなかで

はかなくはない終わった恋

も アリ ではないかと思い始めてしまった。


確固たる信念があるわけではないから例示で逃げを計るが、

お互いに結ばれることを願いながら、拠無い外部要因(後から気付いた価値観の違いを尊重するとかの内部要因もアリか)を受け入れて恋を終わらせた

とかいう

強い恋(はかない恋の対極として言うだけなので違和感は勘弁してほしい)

も アリ ではないかということだ。


でも、やはりなよなよとした結論に導いて申し訳ないが、あなたの、私の、人生にどれだけ強い恋が存在したかと考えるど、忘れえぬ恋といえども、その大層は

はかない恋

に集約されてしまうのではないかと、カラータイマーの残り時間を間違えたウルトラマンのような情けない結論に私は至るのだが、皆さんはどうだろうか?
  1. 2010/01/29(金) 03:27:26|
  2. 深い意味は...ないです。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お題頂戴 冬のソナタより はかない恋

これは第2話かな。
この題名を見て

はかない恋 もある

のか

恋ははかない

のか、どっちだろうかとまず思った。そしてさっさと結論にいくなら

恋ははかない

のだろう、多分ね。


「恋」がひとつの名詞なのだから

熱い恋 とか 静かな恋 とか 危ない恋 とか

ま、とにかくいろいろな恋があって当然と思うのだけれど、

初恋がそのままゴールイン

ってなカップルが極めて希少な存在である以上、結婚しているカップルでさえ、その過去には

はかない恋

が累々と横たわっているのは想像に固くない。


ただ、どの時点の統計だか定かには覚えていないが、東京23区内居住の30代女性の半分が未婚なんて現実も考えると、

恋は「する」に値しないもの

として、それ自体がはかなく散っているのかもしれない。


このように「結婚」を評価の到達点とすればこうなるかもしれないのであって、評価する軸を変えていじくり始めると、あまりに



が可哀相なので、今日はここまで。
  1. 2010/01/28(木) 08:09:03|
  2. 深い意味は...ないです。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お題頂戴 冬のソナタより 序章

冬のソナタ、ご存知だろうか。

多分、このブログの読者が高校生以下ということは多分ないだろうから、知らんとは言わせない超有名韓流ドラマの先駆けである。
んでもって、今TBSテレビで金曜日の昼に再放送(関東圏だけかな)をしているのだけれど、この頃ブログネタの苦しい私としては、

何々とかけて何々ととく。そのこころは?

と、落語ではないが、前の「浅間山麓徒然日記3」で、紫門ふみ著「東京ラブストーリー」の各章の題名から連想することをつらつら綴ってみたのを、またやってみようかなと思った次第。

では、あしたからツイッターよりは長く呟いてみたいと思います。
  1. 2010/01/27(水) 07:24:19|
  2. 深い意味は...ないです。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハッキリせいや

20100126001945
この写真は、連休前に佐久へ帰る時に手土産をと立ち寄った有楽町ITOCIAの近くの地下道です。

片側を掘り下げたのは、なんの意味があるのかなと思いながら、もちろんストレートに進める左側を進んだのですが、身長の高い私にはすっげー頭のすれすれ(拳三つ分くらい上が天井って感じ。)の圧迫感で、今は少しマシですが、昔の神田駅のJRと営団地下鉄銀座線を繋ぐ地下道に降りる階段を思い出させるような(こいつぁ、ホントに映画のマトリックスのように反らなきゃ降りれなかったんだから)天井の低さ加減でした。


まぁ、それでも一応通れますから、今日のお題の

ハッキリせいや

は単なる因縁をつけただけかもしれませんが、朝夕の通勤時に天井は低いが楽な方に人が殺到して、

ちぇっ!今日はこっちからの人が少なかったから、階段降りなきゃならなかった、クスン。

な~んて、

毎日、今日の運勢がここで決まっちゃったりしてる人がいるのでは?同じ高さの方が平和じゃないのかな。

と、余計なお世話を思い浮かべてみたりするのでございました。
  1. 2010/01/26(火) 00:19:46|
  2. 東京砂漠とその周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マスク

先日、テレビで

今年は花粉の飛ぶ時期が一週間ほど早まりそうです

ってなことをコメントしていて、

と、いうことはマスクの人が増えるんだなぁ

と、思ってしまったわけです。


いや~、すみませんね~。私、花粉症じゃないんで、症状をお持ちの方のご苦労はわかりません。

しかし、花粉症によってマスク着用が大幅に増え、更に昨年の新型インフルエンザによってより長期間にマスクをしている人を目にするようになりました。

私もインフルエンザはちと困るので、風邪っぽい時は早め早めにマスクをするようになったのですが、マスクってなかなか都合がいいですね~。

何がってあくびですよ、あくび。


一応エチケットで、あくびの時には口に手をあてるのですが、マスクをしていれば職場で手をあてなくてもあくびが出来るので、大変重宝しております。

もちろん大口を開けるので、目やほほや歪むところはマスクの当たった場所以外にもでるから、あくびをしているのはバレバレなのですが、気持ちいいんですよね、これが。

職場の同じチームの同僚には

マスクをしている時は寝不足か疲れ気味だからそっとしておいて

と、暗黙の了解をしてもらうことにしようかな~と思ってみたりして。
  1. 2010/01/25(月) 07:54:44|
  2. 暮らしの知恵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄な肉屋さん?

20100124151227
昨日、芝大門の周辺を

よーわからんけど北がこっちだからええわいな

と、アバウトな感覚で目的地に向け歩いていたら出くわしたのがこれ。


商店街ではなくビルや民家のところにあったので、このお宅は多分卸問屋さんかなんかだと思うのですが、松阪牛も近江牛も手広く扱っていることを言いたいんでしょうけれど、駅名表示板に似せて作っているので、

松阪と近江の間に位置するふじかわって何処??

と、肉とはどーでもいい方向で印象に残る看板でした。
関係者が出ていたら、ぜひ制作の意図を聞いてみたいものだと思います。
  1. 2010/01/24(日) 15:12:28|
  2. 東京砂漠とその周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイガーマスク

アニメで、もしくは実物のプロレスで

タイガーマスク

はご存知の方も多いと思うのですが、新宿の母ならぬ

新宿のタイガーマスク

をご存知の方はどれくらいいるだろうか?


もっとも今でも彼が棲息しているかどうかは私も知らないのですが、昨晩始発電車で座るために1台見送ろうとホームに並んで立っているその前をツカツカツカと60代半ばと思われる

頭髪を全部ブルー

に染めたオッサンが足早に歩いていくのを見て、余りの我が道を行く姿に

おーぉっ、新宿のタイガーマスク並みじゃん!

としみじみしてしまいました。


その人がどういう人かというとですね、20年以上前に新宿東口の繁華街をセミドロップ(!!)の自転車にラジカセを乗せて、演歌(だったと思う)を流しながらレインボーカラーのアフロのカツラに、お祭りで売ってるようなタイガーマスクのお面をつけた新聞配達員がいたんですね。

私は学生の時に新宿伊勢丹本店の電灯を拭くアルバイトを概ね週2~3回していたので、時々閉店前の伊勢丹へ行くまでに彼に出くわすことがありましたが、動きはきびきびして素早く、オーラとはちと違うけど、彼のいるところだけ周囲と違った空気で、

新宿にはいろいろな人がいるんだなぁ!

と思っていましたが、昨晩のブルー頭髪のオッサンと出くわして

見てくれのダサさはともかく、一直線なところは新宿のタイガーマスクにひけをとらんのぉ!

と、なにか私のような俗っぽい勤め人にはない潔さ(ビジュアルの悪さはこの場合、目をつむるとして)が羨ましかったです。


それはそうと、新宿のタイガーマスク、まだ元気でいるのかなぁ??

昨日に引き続き、誰か知ってるお人がいたら教えて下さ~い。
  1. 2010/01/23(土) 01:28:50|
  2. 東京砂漠とその周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

尋ね人

20100122071546
ジョニーウォーカーをピーナッツに入れ換えたようなキャラクターが目印の

プランターズ

ご存知だろうか?


まぁ、たいがいの人はこのメーカーのピーナッツバターかなにかを一度は食したことがあるのではと思うのですが、ここ何年か捜しても見つからないものがあるのです。
それはプランターズの

ドライロースティッドピーナッツ

新婚旅行で乗った客船(ロイヤル・バイキング・シー)のラウンジで味をしめた、しょっぱいコンソメを絡めたような味で炒ってある、酒のつまみになかなかの手頃な逸品のピーナッツと私は思っているのですが、輸入食品店(例えば都内ならカルディとか)から姿を消して、ここ2~3年目にしたことがありません。

どなたか、山手線の内側で売ってるところをご存知ないでしょうか?

このブログは公共の電波とは違うので、極めて個人的なお尋ねですが、皆さんよろしくお願いします。
因みに彼は瓶入りです。
  1. 2010/01/22(金) 07:15:47|
  2. オヤジの元気の素
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ