浅間山麓徒然日記4

北に名峰浅間山、南に八ヶ岳を望む長野県佐久市(軽井沢の西隣)から、はたまた東京砂漠の片隅から、皆さんどうもこんにちは。

昔のお話し 東京都青少年洋上セミナー 番外編(物持ちのいい男)

※追記(2010.11.06)
来年にはこの日記を閉じて「浅間山麓徒然日記5」へ移行するので、ファイルの圧縮に手間取り諦めていたお宝を追加しました。

すみませ~ん。この週末は長野県佐久地方はスカっと晴れず(土曜は午後から陽はさした)浅間山も八ヶ岳も見えないので、予定を繰り上げての投稿です。

1ヶ月ほど前に単純に何の気なくアップした日記に、同期の方からコメントを寄せていただきただただビックリ。そんな方達にまだなんかあるかなぁ~と思っての今日の日記なので、多分内輪受け狙いで関係者以外には面白くないかもしれませんが、始まり始まり~。


大半の回はこの商船三井「新さくら丸」お世話になったと思いますが、
繧ウ繝斐・+・・IMG縲�20100226+(2)_convert_20100227181258

私達の回は香港船籍の「コーラル・プリンセス号」。旧の「にっぽん丸」と同じくらいの大きさで、「新さくら丸」よりは小型ですね。ふ~ん、昼飯ってこんなの食ってたんだ。
繧ウ繝斐・+・・IMG縲�20100226+(5)_convert_20100227181429

行程表も出てきました。航路やスケジュール感は中国に行った回の人なら大体同じじゃないかな?
繧ウ繝斐・+・・IMG縲�20100226+(6)_convert_20100227181507

こいつは天安門広場に面した人民大会堂での北京市主催の夕食会の招待状です。なんとなく読めるところがさすが中国語。
繧ウ繝斐・+・・IMG縲�20100226+(9)_convert_20100227181708

これは人民大会堂の翌日の晩飯に連れて行ってもらった北京ダックの専門店のメニューです。
繧ウ繝斐・+・・IMG縲�20100226+(8)_convert_20100227181636

これは天津を後にして上海に上陸してからの行程表です。ドサ周りの訪問先で作り笑いをするのが辛かったですね。だけどまぁ確かに見聞は広がりました。今は人民公社とか少年宮とかあるのかな??そういえば日本の少年隊もまだあるんでしょうか?彼らも40代でしょうに。
繧ウ繝斐・+・・IMG縲�20100226+(10)_convert_20100227181754

繧ウ繝斐・+・・IMG縲�20100226+(11)_convert_20100227181902
いかがだったでしょうか。他にも団員の募集要項とか船のボーディングパスとかいろいろあったのですが、スキャンしたファイルの縮小が都合よくいかず、これだけのアップになってしまいました。

募集要項から350名の募集だったことがわかりました。私達の回だけでなく昭和から平成にかけて同じ規模の団員で船一隻仕立てて海外へ行ったOBOGが日本や海外に沢山いると思います。皆さんのご健康とご多幸を祈念し、この小ネタの日記を終わらせていただきます。お粗末様でした。

※因みに1ヶ月前の日記とはこちら    です。

※追記(2010.8.13)
左のカテゴリーに「東京都青少年洋上セミナー」を新たに起こしました。ご活用下さい。

※追記(2010.11.06)
来年にはこの日記を閉じて「浅間山麓徒然日記5」へ移行するので、ファイルの圧縮に手間取り諦めていたお宝を追加しました。

IMG_20101106-1 (2)
IMG_20101106-1 (3)
IMG_2011106 (3)

IMG_20101106-1 (1)

IMG_2011106 (1)

IMG_2011106 (2)
  1. 2010/03/01(月) 10:25:27|
  2. 東京都青少年洋上セミナー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

昔のお話し 東京都青少年洋上セミナー その3 & ブログ尋ね人 &YouTube導入

(追記 2011/02/16)
古いビデオテープを整理していて、新さくら丸ふじ丸の新たな画像が出てきましたので、これらで渡航した人達のための2隻の動画を下の方にに埋め込みましたのでご覧ください。

(追記 2010/12/22)
実家の大掃除で1986年に友人の上海からの留学生の絵葉書の年賀状を一番下にアップしました。その当時の上海の街並みと港を空撮したもので、和平飯店が中央やや右にあるので、我々の停泊した虹橋ふ頭はこの絵葉書の左端の貨物船の位置になるかと思います。いかがでしょうか。

(追記 2010/12/04)
私の回はかすっていませんが、新さくら丸ふじ丸で渡航した人達のための2隻の入出港の動画を一番下に埋め込みました。古い動画ですがご覧ください。

(追記 2010/09/25)
もう秋風が吹いて、「そういえばこのブログも年末には閉めて、今度は「浅間山麓徒然日記5」にしなくっちゃいけないんだと思い至ったら、現時点で「東京都青少年洋上セミナー」でgoogleで検索するとトップページに出てくる間にやっておきたい「尋ね人」を追加アップしておこうと後半に追記しましたので、第1回関係者の方は是非そちらまで足を延ばして下さい。よろしくお願いします。

(以下 2010/01/15本文)

泊まっていたホテルです。今となってはこれと次の2枚の写真が北京だか天津だかわからないのが残念です。
IMG_20100101 (29)

学校への訪問は国際交流にはつきものです。たいして芸のないドサ周りの旅芸人みたいなものですな。お仕事お仕事。
IMG_20100101 (27)

IMG_20100101 (28)

天津を出港。上海へ向かいます。
IMG_20100101+(41)_convert_20100110100640.jpg

IMG_20100101 (42)

黄海の夕日。
IMG_20100101+(43)_convert_20100110100738.jpg

東シナ海の日の出。
IMG_20100101+(44)_convert_20100110100811.jpg

泥の海のような揚子江。
IMG_20100101+(45)_convert_20100110100853.jpg

上海・外灘。
IMG_20100101 (46)

歓迎。訪華団。
IMG_20100101+(47)_convert_20100110100949.jpg

当時の上海市街。
IMG_20100101+(48)_convert_20100110101020.jpg

IMG_20100101+(49)_convert_20100110101620.jpg

ドサ周りは続く。
IMG_20100101+(50)_convert_20100110102431.jpg

IMG_20100101 (51)

IMG_20100101+(52)_convert_20100110102024.jpg

IMG_20100101 (53)

IMG_20100101 (54)

魯迅公園。
IMG_20100101 (55)

ファイブスターの客船を横目に夕刻に晴海に向け出港。おしまい。
IMG_20100101 (56)

これでキッカケを作っていただいた職業小僧さんからのお便りに返事ができたと思います。この国際交流事業は間違いなく回数から1万人近い関係者がいると思われますので、誰かご自分の回の様子をアップしたら教えて下さい。待っています。

※追記(2010/03/01)
 後からこ~んな日記もオマケでつけてみました。よろしかったらこちらへも。

※追記(2010/08/13)
左のカテゴリーに「東京都青少年洋上セミナー」を新たに起こしました。ご活用下さい。

※追記(2010/09/25)
第1回の洋上セミナーから四半世紀以上経っているので、ネチケットとしては禁じ手であるのは承知なのですが、

私のうちの「シロ」がいなくなりました。探してくださったらお礼します。

ではありませんが、

私のお知り合いを探しています。ご自身に心当たりがあれば管理人のみ通知のコメントにてお便りを下さい。連絡用のアドレスも入力していただけると幸いです。

と人探しをしてみるチャンスは今しかないかなと思い至った次第。お話ししたい方も、たまたま一緒に写っていた方も気を悪くされた方がいたらすみません、お許し下さい。


◆やり方はこう◆
私とあなたが知っているあなたが船を降りた後に起こったキーワード ⇒ それがない場合はあなたを特定できるキーワード でこちらからの短いメッセージですが、どうか気付いていただきたいです。じゃ、いきましょうか。

IMG_20100924-1.jpg
キーワード ⇒ テレビ朝日

IMG_20100924-1 (1)
キーワード ⇒ 東急電鉄

IMG_20100924-1 (2)
キーワード ⇒ ブルックス・ブラザース

IMG_20100924 (3)
キーワード ⇒ 山中湖ロードレース利尻・礼文島

IMG_20100924 (4)
キーワード ⇒ 白門・文化祭

IMG_20100924 (5)
キーワード ⇒ 箱根ヶ崎(あんまりこちらを伝えられない文句でごめんなさい。)

IMG_20100924-1 (3)
キーワード ⇒ ハンセン(彼の場合、ほとんど意味がないですね。あんまりこちらを伝えられない文句でごめんなさい。)

これだけ時間が経って、どうお話ししていいのか分かりませんが、分からないなりに何かがあればいいなと思っています。


※追記(2010/12/04)
私達の時には晴海に立派な船客ターミナルは存在しませんでした。でもこの風景を懐かしいと思うOBOGの数の方が多いんでしょうね。ま、前置きはこれくらいにしてご覧下さい。




(追記 2010/12/22)
実家の大掃除で1986年に友人の上海からの留学生の絵葉書の年賀状を一番下にアップしました。その当時の上海の街並みと港を空撮したもので、和平飯店が中央やや右にあるので、我々の停泊した虹橋ふ頭はこの絵葉書の左端の貨物船の位置になるかと思います。いかがでしょうか。
IMG_0001_20101222204032.jpg

(追記 2011/02/16)
晴海ふ頭の新さくら丸ふじ丸です。


ふじ丸に乗って、レインボーブリッジを潜ります。


翌日、晴海ふ頭へ帰港です。

  1. 2010/01/15(金) 10:29:49|
  2. 東京都青少年洋上セミナー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

昔のお話し 東京都青少年洋上セミナー その2

いい加減に整理した写真から引き出したので、多分ですが、これは北京市街のものだと思います。
IMG_20100101 (18)

IMG_20100101 (19)

IMG_20100101 (20)

IMG_20100101 (21)

IMG_20100101 (22)

いまでもこの駅舎なんでしょうか。当時の北京駅です。
IMG_20100101 (23)

列車で、北京近郊の万里の長城の観光地点・八達嶺へ。
IMG_20100101 (24)

IMG_20100101 (30)

IMG_20100101 (31)

駅から少し歩かされました。
IMG_20100101 (33)

先生方はロバで。
IMG_20100101 (34)

さすがに標高が北京より高いので寒かったです。(3月)
IMG_20100101 (36)

IMG_20100101 (35)

八達嶺からはバスで明の十三陵へ。明の時代の皇帝のお墓です。
IMG_20100101+(37)_convert_20100110095228.jpg

IMG_20100101+(38)_convert_20100110095258.jpg

IMG_20100101+(40)_convert_20100110095500.jpg

IMG_20100101 (39)
明日は天津を出て上海へ向かいます。

※追記(2010.3.1)
 後からこ~んな日記もオマケでつけてみました。よろしかったらこちらへも。

※追記(2010.8.13)
左のカテゴリーに「東京都青少年洋上セミナー」を新たに起こしました。ご活用下さい。
  1. 2010/01/14(木) 09:58:29|
  2. 東京都青少年洋上セミナー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昔のお話し 東京都青少年洋上セミナー その1

今から四半世紀以上前の中国の様子です。古いだけで、これといった特徴もないですし、興味のない方は3日ほど読み飛ばして下さい。


私は東京都の高校生国際交流事業で中華人民共和国(天津・北京・上海)へ行きました。20回弱くらい続いた事業なので、東京都青少年洋上セミナーのOB・OGとその関係者向けということでアップしてみました。
というのも、昨年の日記「浅間山麓徒然日記3」で職業小僧さんという方から、私の「東京都青少年洋上セミナーのOBOGはいませんか?」の問いかけに応えてお便りをいただきました。その時、いずれ当時の写真をアップしますとのお約束を果たすためです。大半の回が夏休みに実施されているので、私が行ったのは3月でしたから少々様子が異なりますがご容赦を。

絵日記形式で、コメントは控えめにしました。顔写真もありますが、だれもが今ではオジさん、オバさんの域なので、町で指をさされるプライバシーの問題はないでしょう。では、始まり始まり。


天津までの航路です。
IMG_20100101.jpg
天津港での歓迎の様子。
IMG_20100101 (1)

IMG_20100101 (2)

今、これだけの自転車が天津や北京の繁華街を走ったら車で皆殺しでしょう。
IMG_20100101 (4)

天安門です。
IMG_20100101 (5)

今、天安門広場でこれだけの人民服の一団を見つけたら、YMO(イエローマジックオーケストラ)のコスプレとしか見られないでしょうね。
IMG_20100101+(6)_convert_20100110084645.jpg

KUNIE青年も交じっています。
IMG_20100101 (7)

IMG_20100101 (8)

天安門を越えた故宮の中の大和殿だったかな?
IMG_20100101+(9)_convert_20100110084718.jpg

IMG_20100101+(10)_convert_20100110084823.jpg

ラストエンペラーでジョン・ローンが最後にコオロギを捜した椅子でしたっけ?皇帝の玉座だったと思います。
IMG_20100101+(11)_convert_20100110085257.jpg

故宮の裏手です。
IMG_20100101+(12)_convert_20100110090532.jpg


IMG_20100101 (13)

天檀公園です。
IMG_20100101+(14)_convert_20100110090642.jpg

昼は北京飯店でしたが、夜は人民大会堂での夕食+雑技団のパフォーマンス付きです。東京と友好都市の北京市の主催でしたので、高校生風情には大盤振る舞いの扱いでした。
IMG_20100101 (15)

IMG_20100101+(16)_convert_20100110093230.jpg

IMG_20100101 (17)

※追記(2010.3.1)
 後からこ~んな日記もオマケでつけてみました。よろしかったらこちらへも。

※追記(2010.8.13)
左のカテゴリーに「東京都青少年洋上セミナー」を新たに起こしました。ご活用下さい。
  1. 2010/01/13(水) 10:17:17|
  2. 東京都青少年洋上セミナー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0